ライブチャットでの楽しみ方!

オナニー前の女性

「ライブチャットでピチピチ女子と楽しみたい」「若い子のエッチな姿が見たい」という思いで、ライブチャットを始める人は多いのではないでしょうか?
しかし気持ちが高ぶって「早く脱いで!」「おっぱい見せてよ」と、急に女子に迫ってしまうとキャストが怖がってしまいます。
そのため、強引な言葉や脅しのようにもとれる単語だけの言葉で攻めるのはNGです。楽しくライブチャットをするためにも、正しい遊び方でピチピチ女子と遊びましょう。

ライブチャット初心者がモテる方法がある?!

ライブチャットまたはエロチャットでは、初心者の男性ほど女子からモテると言われています。
理由は、丁寧に優しく扱ってくれるから。どのような女性も初めて会話するのは緊張してしまいます。
女性心をくすぐるような会話力を身につけていきましょう。

会話が大切です

チャットに入室して、いきなり「脱がないの?」「エロい姿見せてよ」と急に迫られてしまうと女子は困ってしまいます。
そうならないためにも、まずは入室したら自己紹介からスタートしましょう。
ネット上の付き合いとはいえ、自己紹介はとても大切です。下ネタしか言わない男性とは違って、紳士的なイメージを与えられます。
また、キャストのプロフィール内容に触れてあげるのも方法のひとつです。会話も広がるうえに、同じ趣味の人が見つかる可能性もあります。

コスプレ好き女子は妄想させよう

ライブチャットで活躍している人の中には、コスプレを楽しんでいる人もいます。
「めちゃくちゃ可愛いけど攻略法がわからない!」と感じる方もいるのではないでしょうか。
実はコスプレしている女子ほど、妄想好きな人が多いのです。
生徒や教師、ナースと医者といったシチュエーションでのやりとりで女子を楽しませるという方法もあります。
コスプレ女子にどう反応していいかわからない、という人は妄想させてエッチな展開に持っていく方法をトライしてみましょう。

女子が嫌がる行為はNG!

素人女子のエロい姿が見られるとして人気が高いライブチャットですが、女子の扱いを間違ってしまう人もいます。
いきなり命令口調で脅すように脱衣を強要したり、容姿についてわざと文句を言ったりといった行為はNG。
冗談だと分かっていても、傷つく女子は多いのです。ここでは、チャット中に注意したい点を紹介していきます。

単語攻めは嫌われます

単語攻めとは、文章にしてやりとりをするのではなく「脱げ」「早く!」「イってよ」と単語だけを羅列しただけのやりとりのことを指します。
ライブチャットでは、どこにでもいる素人女子です。そのためアダルトビデオのような、言葉攻めになれていない人ばかりなのです。

性的趣向で言葉攻めが好きな人もいますが、いつもチャットしてくれている客や何度かやりとりをしたことがある人だけという人もいるのです。
つまり初めてチャットする相手には、まだ心を許していない人もいるのでいきなり言葉攻めされると困惑してしまいます。
言葉攻めでエッチなことをしたいと思っている男性は、まずは気に入った女子のことを知ってから攻めてあげましょう。

誹謗中傷はやめましょう

SNSがあらゆる世代に浸透してからというもの、ネット上での誹謗中傷が問題視されてきています。
それはライブチャットでも同じです。ライブチャットに出演している女子も、街中にいる人間と変わりありません。
会ったこともない男性に、いきなり「ブス」「可愛くないよ?」「汚い」といった言葉を投げかけられると傷つきます。
冗談半分で言ったつもりでも、相手がどれくらい傷ついているのかは分かりません。自分がされてイヤなことは、ネット上であったとしても行なわないようにしまよう。