ツーショットとパーティショットの違いとは

カメラの向こう側の女性

ライブチャットで女の子とエッチなことをするには、2ショットチャットとパーティチャットの意味を理解しておくのをおすすめします。
女の子を独り占めにできるのが2ショットチャット、複数人の男性とイチャイチャできるのがパーティチャットです。
楽しくライブチャットをするためには、二つの方法を知っておきましょう!

2ショットとパーティの違いって?

なんとなくで始めたライブチャットで、お気に入りの子となかなか喋れる機会がないという経験をしたことありませんか?
「ずっと2ショットって表示されて参加できない」といった経験をしたことがある人もいるハズです。
ここでは2ショットチャットと、パーティチャットの違いを紹介していきます。

2ショットで女の子を独り占めしちゃおう!

2ショットは双方向チャットとも呼ばれていて、1人の女の子と男性会員が2人きりでチャットをできます。
お互いにカメラを使ってオナニーをするもよし、日常会話で盛り上がるもOKなので2ショットで遠距離恋愛のような関係を持っている人達もいるのです。
とても人気のあるチャットスタイルで、「女の子を独り占めにしたい」という独占欲の強い男性会員向けなのです。
2人きり専用のため、もちろん他の男性会員がチャットにログインはできません。そのため、安心して女の子に集中できます。

お気に入りの女の子が、毎回他の男性と2ショットしている場合は「待ち合わせ」を使って予約を取っておきましょう。
女の子も喜んで応じてくれますよ。

パーティチャットは複数人参加型のチャット

パーティチャットとは、女の子1人に対して複数人の男性会員がチャットに参加できるチャットスタイルです。
「他の男性にイジられている姿を見たい」「文字を打つのが面倒くさい」と思っている人は、断然パーティチャットがおすすめ。
他の男性会員が文字を打って、わいわいしている部屋なのでラクちんです。会話が苦手な人でも話題がつきる心配はありません。

またパーティチャットには、「のぞき」というスタイルを選択できます。のぞきはチャットに参加できませんが、文字を打たずに女の子が鑑賞できるのです。
チャット始めは脱いでいない女の子が多いので、一旦退出して他の子を楽しんでから戻ってくるという楽しみ方もあるのです。

ライブチャットおすすめの時間帯

ライブチャットには、さまざまな年齢層の女性がいます。大学生からOL、主婦といった人達がいて活動時間もバラバラなのです。
お目当てジャンルの人を探すのであれば、ログインする時間帯に変化を加えるのをおすすめします。

●女性比率が多いのは平日の深夜1時以降
ライブチャットでは夜型の女の子がたくさんいます。翌日が仕事休みであれば、夜中にログインしてみましょう。

●人妻と熟女系は平日のお昼間がアツい
既婚者を狙っている人は、平日の昼間がオススメです。働きに出ている旦那や学校に行っている子どもがいない時間帯に、既婚者は活動しています。

●16時~21時は大学生とOL
若い女の子は夕方から夕飯時に活動しています。しかし男性ユーザーもそれなりにたくさんいるので、競争率が高くなります。
ウブな子と遊ぶなら夕方頃を狙いましょう。